世界からタイの病院に集まっている

医療ツーリズムを提唱しているタイの病院に、世界中から患者であり観光客が訪れています。

病院はおもてなしの心得をもったホテルであり、患者を退屈にさせようとはしません。



ロビーはまるでショッピングホールのようになっており、患者が入院する期間ももてなす対応ができています。

またおもてなしの部分だけが特徴ではありません。タイの病院にはさまざまな言語に対応できるスタッフが配置されていますので、言葉の問題はクリアできています。

医療行為を受けるのに、言葉が通じないのは致命的ですので、タイではそのようなことがありません。
また一番大切な医療行為の問題ですが、東南アジアだけではなく、アジア全域で高い水準を保持しています。
医療行為についても問題なく、治療を受ける体制が整っています。



日本人の利用者も多いです。

その多くは医療ツーリズムを利用している人たちですが、保険の問題をクリアするために訪れている人たちもいます。

日本には世界に誇るべき保険制度がありますが、それを使って治療をすることができないときに、タイの病院は大きな役割を果たします。

日本と比較すれば保険診療外の治療では安くなります。

そこに魅力を感じ、観光次いでに訪れている人たちもいます。

また日本のように保険制度が整っていない国も多く、その富裕層が治療を受けるためにタイを訪問している現状もあります。
患者のようで観光客の気持ちで受けられる環境が整っていますので、病院嫌いな人には適している場所とも言えるでしょう。