治療を受けるためにタイの病院に行く

一般的に物価が安いことがタイの病院に掛かる目的のように見えるでしょう。もちろん正解になりますが、これを理解するにはもっと深く掘り下げないといけません。

タイの病院に掛かる人たちは治療のほかに、観光目的で訪れている人たちが多いです。

タイの病院はDYMクリニックへ。

観光と医療が一体になっている政策を打ち出しているのがタイです。

医療ツーリズムとして名を馳せている国がタイです。
観光目的で訪れて一緒に治療ができる環境、もしくは医療行為を求めて訪れてついでに観光を楽しむことが可能です。

全土がそのような環境が整っているわけではなく、バンコクなどの地域が対象になっています。



それを証明するのが病院です。

患者が入院する場所になりますが、ホテルのような環境を整えており、医療スタッフから病院のスタッフまでおもてなしの精神をもって対応してもらえます。


もちろん言語の問題もクリアしており、日本語ができるスタッフも多いです。

また日系企業が設立している病院もありますので、言葉の問題を感じることなく治療を受けることができます。

ただ日本に居ても水準が高い治療を受けられる環境であり、そのレベルが心配ですがそれもクリアしています。タイは東南アジアではトップクラスの医療水準を誇っており、またアジア全域でもレベルは高いです。

日本と同じ治療を受けられる体制が整っていますので、治療にも専念することが可能です。一般人の方よりお金を持っている富裕層に人気のツアーとなっています。

2012の新卒がサイトを作成しました! >>DYM2012